人気のバックアップPlugin BackWPupで保存する。

人気のバックアップPlugin BackWPupでバックアップする

BackWPupは、60万ダウンロードの人気プラグインです。

レンタルサーバーにバックアップサービスが無い場合や自分のスケジュールでバックアップしたい場合にお勧めです。

BackWPupについて

BackWPupは、サイトのwp-contentを含むデータを保存し、もしくは、外部のDropbox、Google Drive、S3へ移せます。

有効ダウンロード:600,000+。最終更新:4週間前

  • データベースをバックアップ (mysqliが必要)
  • ファイルバックアップ
  • zip, tar, tar.gz 形式のバックアップ (gz, ZipArchive が必要)

無料版とPro版があります。機能差をのせておきます。

BackWPup 無料版とPro1
BackWPup 無料版とPro2
BackWPup 無料版とPro3

BackWPup設定

インストール

検索

「BackWPup」を入力します。

BackWPup キーワード
インストール

「今すぐインストール」をクリックし、インストールを開始します。

BackWPup インストール
有効化

「有効化」をクリックし、プラグインを使える状態にします。

BackWPup 有効化

ジョブ設定

新規ジョブ作成

BackWPup>ジョブを選択します。

BackWPup ジョブ
新規追加

「新規追加」をクリックし、ジョブを作成します。

BackWPup ジョブ 新規追加
一般

このジョブの名前、バックアップファイルの保存方法を入力します。

BackWPup 設定 一般1
BackWPup 設定 一般2
BackWPup 設定 一般3

このジョブの名前:分かり易い名前にします。

バックアップファイルの保存方法 :フォルダーに保存するので「フォルダーへバックアップ」を選択します。

スケジュール

「WordPressのcron」を選択し、スケジューラーを入力します。

BackWPup 設定 スケジュール1
BackWPup 設定 スケジュール2

タイプ:毎月、毎週、毎日、毎時の保存するサイクルを選びます。

DBバックアップ

バックアップファイルの圧縮を選びます。

BackWPup 設定 DBバックアップ

バックアップするテーブル:全てチェックします。

バックアップファイル名:DB保存用の名前になります。

ファイル

各フォルダーをチェックします。(ディフォルトでチェック)

BackWPup 設定 ファイル1
BackWPup 設定 ファイル2
BackWPup 設定 ファイル3

プラグイン

ファイルの圧縮を選択します。

BackWPup 設定 プラグイン

プラグイン一覧のファイル名:プラグインの情報を保存するファイル名になります。

宛先:フォルダー

バックアップを格納するフォルダーとファイルを削除を入力します。

BackWPup 設定 宛先フォルダー

バックアップを格納するフォルダー :保存フォルダーになります。

ファイルを削除:バックアップファイルの保存数になります。(世代数)

手動バックアップ

ジョブ

「ダッシュボード」>「BackWPup 」 >「ジョブ 」 をクリックします。

ジョブ一覧表示

「今すぐ実行」をクリックします。

BackWPup ジョブ
バックアップ実行

バーで実行状況が分かります。

BackWPup ジョブ バックアップ実行

ダウンロード

ログ

「ダッシュボード」>「BackWPup 」 >「ログ 」 をクリックします。

ログ一覧表

「ダウンロード」をクリックします。

BackWPup ログ

まとめ

WordPressのフォルダー、コンテンツフォルダー、プラグイン、テーマの保存を設定できるのと、除外の設定が細かく指定できます。

DBは、テーブルごとに保存を指定できます。

数多くの外部ストレージに保存できる。

復元はPRO版を入手するか または、手動で復元します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA