WordPress 5.0で提供されたエディター Gutenberg(グーテンベルク)を使う

WordPress 5.0で提供されたエディター Gutenberg

WordPress 5.0で、提供された新エディターをご紹介します。

グーテンベルクについて

活版印刷技術を発明したヨハネス・グーテンベルクにちなんで名付けました。

初心者にも使いやすいブロックの組み合わせが導入されました。ブロック毎に見出し、本文、写真を埋めていきます。

HTMLを意識せずに書けるため、初心者の方でも簡単に記事を書くことが出来ます。半面、慣れている方では、細かな装飾の指定が出来ずヤキモキされることと思います。

以前のエディターを引き続きご利用の方は、プラグインclassic Editerがリリースされています。

Gutenbergの構成

上部

ブロックの追加、取り消し、やり直し、コンテンツ構成、ブロックナビゲーション

WPゲーテンベルク 上部メニュー

右部

ステータスと公開状態、カテゴリー、タグ、アイキャッチ画像、抜粋、ディスカッション、投稿の属性

WPゲーテンベルク 右部 文書

中央部

タイトルを追加、文章を入力、または/でブロックを入力

WPゲーテンベルク 中央部

文章・ブロック

文書の入力や、ブロックを選択する場所になります。

WPゲーテンベルク 文章

ブロックの選択

ブロックは、”/”または、+(プラス)で、ブロックのメニューから選びます。

WPゲーテンベルク ブロックメニュー
WPゲーテンベルク ブロックメニュー

メニュー

ブロックタイプまたはスタイルを変更、テキストの配置を変更、太字、イタリック、リンク、よりリッチなテキスト制御、詳細設定

WPゲーテンベルク 文章メニュー

Gutenbergの使い方

タイトル

タイトルを入力する場所になります。

WPゲーテンベルク タイトル

文章・ブロック

文書の入力や、ブロックを選択する場所になります。

WPゲーテンベルク 文章

文章は、そのまま文字を入力します。
ブロックは、”/”または、+(プラス)で、ブロックのメニューから選びます。

文章・ブロック 操作

「 詳細設定」よりブロック追加や削除ができます。

WPゲーテンベルク ブロックメニュー詳細

ブロックの種類

一般ブロック

段落、見出し、画像、ギャラリー、リスト、引用、音声、カバー、ファイル、動作があります。

ゲーテンベルク 一般ブロック
ゲーテンベルク 一般ブロック2

フォーマット

ソースコード、クラッシック、カスタムHTML、整形済み、プルクオート、表、詩

ゲーテンベルク フォーマット

レイアウト要素

ボタン、カラム、グループ、メディアと文章、続きを読む、改行ページ、区切り、スペーサー

ゲーテンベルク レイアウト要素

ウィジェット

ショートコード、アーカイブ、カレンダー、カテゴリー、最新のコメント、最新の記事、RSS、検索、タグクラウド

ゲーテンベルク ウィジェット

埋め込み

youtube、Facebook、Twitter、Instagramなど

ゲーテンベルク 埋め込み
ゲーテンベルク 埋め込み2
ゲーテンベルク 埋め込み3

ゲーテンベルクまとめ

ブロックの組み合わせで、HTMLを知らなくても記事が書けるので、初心者でも簡単に操作できます。今後はゲーテンベルクが主流になりそうですし、テーブルや装飾など機能アップすることを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA