WordPressの画像をオンラインサービスで画像を圧縮する。

WordPressの画像をオンラインサービスで画像を圧縮する。

画像を多様した見た目の良いサイトが増えてきました。反面、ファイルのサイズを気にしないと、スマートフォンでの表示が遅くなったり、サーバーのディスク容量を圧迫しかねないです。

  • スマートフォンのサイト描画時間
  • サーバーのディスク圧迫

アプリケーション不要のオンラインを利用して画像を圧縮できるサービースを使ってみることにしました。

画像圧縮サイト

TinyPNG

TinyPNG

Tinypng

TinyPNGは、スマートな非可逆圧縮技術を使用して、PNGファイルのファイルサイズを縮小します。

  • 一度に20画像まで
  • 最大5MB
  • JPEGやPNG

TinyPNGサイトで、画像をドラッグ&ドロップすると圧縮が始まります。終わりましたら、DownloadをクリックするとZipファイルがダウンロードされます。

Tinypng ダウンロード

optimizilla

optimizilla

optimizilla

画像最適化とファイル圧縮アルゴリズムを組み合わせて、画質を保ったままに、JPEGやPNGイメージを最小サイズに圧縮する賢いツールです。

可能な限りの画像圧縮率かつ画質維持を実現

  • 一度に最大20個まで
  • JPEGやPNG

画像をドラッグ&ドロップすると圧縮が始まります。終わりましたら、画面が変わるので「全てダウンロード」をクリックするとZIPファイルのダウンロードが始ります。

optimizilla ダウンロード ドラッグ

プレビューを見ながらクオリティを調整できます。「適用」をクリックすると変換を開始します。

optimizilla ダウンロード

iLoveIMG

iLoveIMG

IliveIMG

JPG、PNG、GIF画像を最高の画質と圧縮方式で圧縮します。2時間以内にすべてのアーカイブを自動的に削除します。

最大限に質を維持しつつ、できるだけ最小サイズに圧縮します。

  • 未登録の圧縮制限 130MB
  • JPG、PNG、GIF
  • Google DriveまたはDropboxと統合

画像をドラック&ドロップし、アップロードされたら「画像の圧縮」をクリックします。終わると自動でダウンロードが開始されます。

ILOVEIMG ダウンロード ドラッグ
ILOVEIMG ダウンロード

画像圧縮サイトまとめ

画像もまとめて、アップロードされ、自動で圧縮が始りますので、操作の手間はあまり感じず画像サイズを小さくできました。

圧縮プラグインを使用しなくても、圧縮サイトの使用でも煩わしい感じは無かったです。画像圧縮の1つの手順と考えて良さそうです。

3つのサイトの圧縮状況を比較しましてので 参考までに。

圧縮サイズを比較

サイズピクセル
オリジナル2.25MB3264×2448
TinyPNG75%578KB3264×2448
optimizilla51%1.1MB3264×2448
I Love IMG66%786KB 3264×2448

TinyPNG

TinyPNGサンプル

optimizilla

optimizillaサンプル

iLoveIMG

ILoveIMGサンプル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA