簡単操作でWordPressをバックアップ&復元する。 UpdraftPlus WordPress Backup Plugin

簡単操作 WordPressバックアップ&復元 UpdraftPlus WordPress Backup Plugin

WordPressでは、プラグイン・テーマの導入や、日々アップデートが行われます。通常、正しくアップデートが終了しますが、予期せぬ事でおかしくなる事もあります。

バックアップがあればその時点に戻せます。

UpdraftPlus WordPressは、難しい設定も無く、初心者でも簡単にバックアップと復元します。

UpdraftPlus WordPress Backup Pluginについて

UpdraftPlus WordPressは、簡単にバックアップと復元を行えます。ファイルとデーターベースをバックアップし、いざと言う時は、ワンクリックで復元します。

  • バックアップと復元機能
  • 多種多様なストレージ対応
  • 自動バックアップスケジュール

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin設定

インストール

検索

キーワードに「UpdraftPlus WordPress 」を入力します。

UpdraftPlus WordPressキーワード
今すぐインストール

「UpdraftPlus WordPress Backup Plugin」の「今すぐインストール」をクリックします。

UpdraftPlus WordPress インストール
有効化

「有効化」をクリックします。

UpdraftPlus WordPress 有効

バックアップ

デフォルトの設定で、バックアップして見ます。

UpdraftPlus Backups

「ダッシュボード」>「設定」>「UpdraftPlus Backups」をクリックします。

UpdraftPlus WordPress 選択
新しいバックアップ

「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。

今すぐバックアップ

Include your database in the backup:バックアップにデータベースを含める。

Include your files in the backup:バックアップにファイルを含める

バックアップファイル

¥updraftのフォルダーに退避されました。

UpdraftPlus WordPress バックアップフォルダー

復元

バックアップから復元する。

バックアップ選択

該当バックアップの「復元」をクリックします。

UpdraftPlus WordPress 復元

こちらは、1件のバックアップの例になります。

コンテンツ選択

「プラグイン」「テーマ」「アップロード」「その他」「データベース」より戻すコンテンツにチェックを付け、「次へ」をクリックします。

UpdraftPlus WordPress 復元選択
復元ファイル準備

「復元」をクリックし、復元を開始します。

UpdraftPlus WordPress 復元クリック

設定

設定タブ

>1.期間・世代<

ファイル、データベースのスケジュールと世代を選択します。

UpdraftPlus WordPress バックアップサイクル

スケジュール:
手動、2時間ごと、4時間ごと、8時間ごと、12時間ごと、1日ごと、1週間ごと、2週間ごと、月ごと

保持:
バックアップしたファイルをいくつ保存するか決めます。

>2.保存先<

外部のストレージを使用する場合に選択します。

UpdraftPlus WordPress バックアップストレージ

>3.バックアップするファイル<

バックアップするコンテンツ「プラグイン」「テーマ」「アップロード」「他ディレクトリ」を選択します。

UpdraftPlus WordPress バックアップファイル

「アップロード」「他ディレクトリ」 は、フォルダーを設定します。

>4.保存<

設定後、「保存」をクリックします。

まとめ

設定が簡単で初心者にも使えるバックアップ&復元のプラグインです。

UpdraftPlus WordPress Backup Pluginは、設定がディフォルトのままでバックアップ可能です。

Dropbox、Google Drive、MicrosoftOneDrive、Amazon S3などストレージが保存先に指定できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA