キャッシュレス決済は6月末で終了

キャッシュレス決済

最近、ショッピングの支払いで「ペイペイ♪」とキャッシュレス決済を利用している人が増えたと感じていると思います。

コンビでキャッシュレス決済するとその場で還元されます。レシートを見るとキャッシュレス還元額と書かれ引かれた金額も分かりよりお得に感じます。

残念なことに、お得だったキャッシュレス決済は、2020年6月で終了となります。

大きなショッピング予定の方は、お忘れなく。お得なサービスを利用しない手はありません。

最大で5%の還元が受けられます。

では、もう一度、キャッシュレス決済についておさらいしておきます。

キャッシュレス決済ついて

「キャッシュレス・消費者還元事業」は、2019年10月1日から2020年6月30日の9か月間に、キャシュレスマークのある店舗で、キャッシュレス決済を利用してお支払いをすると、最大で5%の還元が受けられます。

消費税率引き上げに伴う需要の平準化 及び、キャッシュレス支払を増やし、作業の効率化と利便性の向上を目指す。

キャシュレスマーク

キャッシュレスで決済しても、登録加盟店以外の場合は、還元が受けられません。こちらのマークを確認下さい。

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済は、スマートフォン決済(QRコード)、電子マネー(プリペイド)、クレジットカード、デビットカードなどの繰り返し利用できる電子決済が対象となります。

Suica、PASMOなどは事前の登録が必要になります。

引用:経済産業省(キャッシュレス・消費者還元事業)

対象店舗

還元率は、5%(中小・小規模店舗)、2%(フランチャイズ店舗)となります。

対象のECサイトもあります。

引用:経済産業省(キャッシュレス・消費者還元事業)

還元方法

コンビニなど一部の店舗については、その場で即還元されます。

決済方法還元方法時期
電子マネー、
クレジットカードなど
まとめてポイント付与後日
クレジットカード
など
口座引き落としの際にポイント相当額を請求額から相殺後日
デビットカード
など
口座にポイント相当額を振込後日
コンビニ
など一部店舗
即時還元その場

まとめ

キャッシュレス決済の使用当初は、マニュアルを見ながらPayPayにチャージして、バーコード決済できるのか。半信半疑で、エラーにならずにほっとした記憶があります。

スマートフォン画面が暗くてエラーになったり。金額を入力するケースと入れないケースの対応店が分からなかったりと。

今では、バーコード対応が当たり前で、ゆうパック、クロネコ、チケット購入など使用機会も増え、バーコードには慣れた感じはあります。

今後、キャッシュレス決済が定着するか。どの様に便利になるか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA