独自ドメイン 名前の決め方

独自ドメイン名前の決め方

WordPressを立ち上げ、準備中は、独自ドメインの名前が決まらなく、苦労したことを覚えています。地名や有名な名前は、すでに取得されている事が多いです。

ドメインについての説明とドメイン取得時の注意をご紹介します。

ドメインとは

ドメインを頼りにサイトに訪れるので、サイトのトップページ同様、ブログを表す大事な入口になります。

企業の場合は、略語や屋号などで表記する事が多いです。個人の場合は、ブログサイトの意味を表す名前や管理者の名前などが多いです。

ドメインは、予め用意されていなく、ドメイン登録サービス会社などに依頼し、登録手続きを行い始めてドメインが取られます。

トップドメイン

「ccTLD」と「gTLD」の2つに分けられます。

ccTLD

国別トップドメインと呼ばれています。国や地域に割り当てされ、日本は、JPとなっています。

gTLD

分野別トップドメインと呼ばれています。

分野別に割り当てされ、地域の制限なく使えます。

代表的な分野別トップドメイン

bizビジネス
com商用
edu教育機関
govアメリカ合衆国の政府機関
netネットワークインフラ
org団体

Whoisとは

ドメインの所有者の登録情報が記載されており、誰でも閲覧可能になっています。

最近では、個人使用も多くも多いため、プライシー観点からWhois情報公開代行サービスがあります。Whois情報公開代行サービスを利用すれば、個人情報が代行業者情報になります。予めサービスの有無や料金を確認しておきましょう。

独自ドメインまとめ

短く、ブログサイトの意味をなしている。閲覧者に覚えやすいのが良いと思います。

長くなる場合は、-(ハイフン)で、区切り単語毎に分かりやすくします。

独自ドメインはユニークな物になるので、基本、早い者勝ちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA