Google Search Consoleを導入する。

Google Search Console導入

Google Search Consoleの導入方法をご紹介します。

Google Search Consoleとは

Google Search Consoleは、Google検索結果の監視、管理、改善に役立つサービスです。

  • 検索結果に表示される頻度や、検索に対してユーザーがスルーする頻度などが分かります。
  • 検索結果のインプレッション数、クリック数、掲載順位を分析できます。
  • クロール用にサイトマップや個別 URL を送信します。
  • サイト上で問題が検出されると、メールで通知が届きます。

Google Search Console設定

設定開始

「今すぐ開始」をクリックします。

Google Search Console開始
URLプレフィックス

URLを”https://”から入力し、「続行」をクリックします。

Google Search Console プロパティタイプ選択

ドメインは、サブドメインを含む全てのURLが対象になります。

ファイルダウンロード

1.ファイルをダウンロード の「google・・・.html」をクリックし、特別なファイルをダウンロードします。

2.ファイルをアップロード先へアップロードし、「確認」をクリックします。

Google Search Console HTMLファイル
完了

特別な HTML ファイルをサイトにアップロードして、そのサイトの所有権を確認できます。

Google Search Console 所有権確認

Google Search Consoleまとめ

こちらの記事では、サブドメインが無かったため、URLプレフィックスを選択しています。

サブドメインを含む全てのURLを対象としたい場合は、プロパティタイプで「ドメイン」を選択します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA