クローラーを効率よくする XMLサイトマップ(sitemap.xml)作成

XMLサイトマップ(sitemap.xml)作成

sitemap.xml は、googleクローラさんに探しに来てと依頼するときに必要なファイルになります。少しでも、インデックスされるスピードを上がるため為のSEO対策の一つになります。

sitemap.xmlの作成方法やFetch as googleの登録手順をご紹介します。

sitemap.xmlとは

sitemap.xmlとは

sitemap.xmlは、サイトの各ページのURLや更新情報などが記載されているXMLファイルになります。

クローラーが、サイトを検索する手掛かりになり、効率よく回るために必要になります。また、検索エンジンのインデックスの更新を催促する効果が期待できます。

クローラーは、リンクをたどって検索する仕組みなので、外部からのリンクが、無かったりとすると更新も遅くなります。

sitemap.xmlを設定しなかったとしても、クローラーがソース内に記述されたリンクを辿ることで、じきにインデックスはされると思われます。

sitemap.xmlの作成方法

Google XML Sitemapsプラグインを使った Sitemap作成手順をご紹介します。

Google XML Sitemaps インストール

検索

キーワードに「Google XML Sitemaps」を入力します。

Google XML Sitemaps検索
インストール

「今すぐインストール」をクリックします。

Google XML Sitemapsインストール
有効化

「有効化」をクリックします。

Google XML Sitemaps有効化

Google XML Sitemaps 設定

XML-Sitemap

ダッシュボードの「設定」>「XML-Sitemap」を選択します。

Google XML Sitemaps設定
基本的な設定

基本そのままでいいでしょう。必要に応じて、変更します。

Google XML Sitemaps 基本的な設定
Additional Pages

追加したいURLがある場合、必要に応じて設定します。

Google XML Sitemaps Additional Pages
投稿の優先順位

すべての投稿を同じ優先にする場合、「優先順位を自動計算にしない」を選びます。

Google XML Sitemaps 投稿の優先順位
Sitemap コンテンツ

Sitemapに含めるコンテンツを指定します。

Google XML Sitemaps sitemapコンテンツ

・「ホームページ 」 、「投稿 」 、「カテゴリーページ 」 、「最終更新時刻」を指定します。

Excluded Items

含めないカテゴリーがある場合、指定します。

Google XML Sitemaps Excluded Items
Change Frequencies
Google XML Sitemaps Change Frequencies

各コンテンツの更新頻度を設定します。必要に応じて頻度を高くしますが、絶対的な命令ではなくヒントとみなされます。

優先順位の設定 (priority)
Google XML Sitemaps 優先順位の設定

sitemap.xml まとめ

sitemap.xmlは、クローラーが、サイトを検索する手掛かりになり、効率よく回るために必要になり、検索エンジンのインデックスの更新を催促する効果が期待できます。

WordPressのサイトマップにも使います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA