XSERVER(WordPress)をGoogle Search Consoleに登録して、検索分析・サイト検査

XSERVER(WordPress)をGoogle Search Consoleに登録して、検索を分析・検査

サイトの解析に必要なGoogle検索の掲載順位やワードが分かる。無料のツール「Google Search Console」の設定方法をご紹介します。

新たに追加されたプロパティタイプ、「ドメイン」で設定します。

Google Search Consoleについて

Search Console は、サイト検索の掲載順位を測定やサイトの問題を修正し、Google検索結果のサイトの注目度を上げる必需品です。

  • どの条件で、検索されているか
  • 検索でのサイトのインプレッション数、クリック数、掲載順位は
  • クロール用にサイトマップや個別URLを送信
  • サイト上で問題が検出されると、メールで通知が届く

設定

新しいプロパティ追加

Google Search Consoleサイトへ
開始

「今すぐ開始」をクリックします。

Google Search Console
プロパティタイプの選択

ドメインまたはサブドメインを入力し「続行」をクリックします。

Google Search Console ドメイン

URLプレフィックス
・URLは、複数のサブドメイン、プロトコルは個別のプロパティを追加します。
・最後の / 記号まで含めて、ブラウザのバーに表示されるのとまったく同じように指定します。

ドメイン プロパティ
・URLは、プロトコルまたはディレクトリ部分を含めず指定します。
・すべてのサブドメイン、プロトコル、サブパスのデータが集計されます。

TXTレコード取得

「コピー」をクリックし、TXTレコードをコピーします。

対象のレンタルサーバーのDNS設定に複写します。

Google Search Console DNSレコード

DNSレコード設定(XSERVER

設定対象ドメイン設定

「サーバ管理」>サーバーパネルにて対象のドメインを選択し、「設定する」をクリックします。

XSERVER 対象ドメイン
DNS設定

「DNSレコード設定」をクリックします。

XSERVER DNSレコード設定
DNSレコード追加

先ほどのTXTレコード情報を複写して、「確認画面へ進む」をクリックします。

XSERVER DNSレコード追加

種別:TXT

内容:ペーストします。

優先度:MXレコード以外では使用されません。

追加完了

TXTレコードの内容を確認します。

XSERVER DNSレコード追加

DNSの変更が適用されるまで時間がかかる場合があります。

ドメイン所有権確認

DNSレコードでドメイン所有権を確認

「確認」をクリックし、ドメインを確認します。

Google Search Console ドメイン所有者確認

※DNSの変更が適用されるまで時間がかかる場合があります。レコードが確認できない場合は、1日待って再度確認下さい。

所有権
Google Search Console ドメイン所有者

※所有者は、Search Console でプロパティを完全にコントロールできます。他のユーザーの追加と削除、設定、すべてのデータの表示、すべてのツールの利用が可能です。

まとめ

新しいドメインプロパティ

検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。

ドメインプロパティは、すべてのサブドメイン、プロトコル、サブパスのデータが集計されます。

関連記事「クローラを効率よく回す Fetch as Googleを設定」をご覧下さい。

クローラを効率よく回す Fetch as Googleを設定

関連記事「Google Search Consoleを導入する。」をご覧下さい。

Google Search Console導入Google Search Consoleを導入する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA