クローラを効率よく回す Fetch as Googleを設定

sitemap.xml は、クローラーが、サイトを検索する手掛かりになり、効率よく回るために必要になります。また、検索エンジンのインデックスの更新を催促する効果が期待できます。

以前は「Fetch as Google」と呼ばれていた機能が、google Search Consoleで使えます。

sitemap.xmlをgoogle Search Consoleへ設定する手順をご紹介します。

Search Console(サーチコンソル)設定

Search Console

Search Consoleにて、sitemapの登録を行います。

Search Console
サイトマップ

「サイトマップ」を選択します。

Search Console サイトマップ
新しいサイトマップ

URLの後ろに、作成した、サイトマップの名前を入力し、「送信」をクリックします。

Search Console サイトマップ追加
サイトマップ送信
Search Console サイトマップ送信
送信完了

サイトマップ インデックスの送信が完了しました。

Search Consoleインデックス処理

Sitemapの作成

sitemapの作成は、関連記事「XMLサイトマップ(sitemap.xml)作成 」 をご覧ください。

XMLサイトマップ(sitemap.xml)作成クローラーを効率よくする XMLサイトマップ(sitemap.xml)作成

サーチコンソールの設定

サーチコンソールの設定は、関連記事「Google Search Consoleを導入する。」を参照ください。

Google Search Console導入Google Search Consoleを導入する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA