初心者 XSERVERにWordPress簡単インストールを使ってインストールする

XSERVERにWordPress簡単インストール

レンタルサーバーでは、WordPressの利用が多いため、アプリケーションをインストールするサービスが提供され、初心者でも簡単に WordPressの環境が構築できる様になってます。

この記事では、XSERVERの「WordPress簡単インストール」を使ったインストールを解説します。

WordPress簡単インストールについて

WordPress簡単インストールは、WordPressのインストール、MySQLデータベース作成、MySQLユーザー追加、MySQLアクセス権限変更を自動で行います。

WordPressのパッケージを用意する必要はありません。

CMS利用者向けレンタルサーバは、PHP、MySQLの環境が提供されています。

WordPressに必要なサイトURL、ユーザー名、パスワードなど、WordPressに必要な情報を入力するだけで簡単にインストールが行われます。

WordPress簡単インストール 手順

必要情報を入力後、WordPressのインストールとMySQLなどの設定が行われます。

WordPress簡単インストールを選択

「サーバーパネル」>「WordPress簡単インストール」をクリックします。

XSERVER WordPress簡単インストール
WordPressインストールをクリックします。

WordPressをインストールするドメインの「選択する」をクリックします。

XSERVER WordPress簡単インストール
WordPressインストール

「WordPressインストール」をクリックします。

XSERVERにWordPress簡単インストール
WordPress簡単インストール

サイト情報など各項目を入力し、「確認画面へ進む」をクリックします。

XSERVER WordPress簡単インストール
サイトURL :ドメイン名/   [http://ドメイン名]

ブログ名:ブログのタイトル

ユーザー名:WordPress管理画面へのログインユーザー名

パスワード:WordPress管理画面へのログインパスワード

メールアドレス:メールアドレス
キャッシュ自動削除
WordPressのキャッシュを、Cronによって一定間隔で自動的に削除します。
キャッシュの自動削除機能は、サーバーパネルの「Cron設定」より確認・編集・削除が可能です。
データベース
新たに作成する場合は、「自動でデータベースを生成する」を選択します。
作成済みを利用する場合は、データベース名、ユーザー名、パスワードを指定します。
MEMO
ユーザー名、パスワードは、WordPressのアカウント情報になりますので、忘れずに保管します。
内容を確認

以下の内容でWordPressをインストールしますか?「インストールする」をクリックします。

XSERVER WordPress簡単インストール
注意
インストール先ディレクトリの内容が上書きされます。対象ドメインを再確認します。
インストールが完了

WordPressのインストールが完了しました。「戻る」をクリックします。

XSERVER WordPress簡単インストール
お使いのブラウザで、管理画面URLを開き、ユーザー名とパスワードを入力し、動作を確認下さい。

まとめ

・簡単インストールで入力した、「ユーザー名」「パスワード」は、WordPressのアカウント情報になりますので、忘れずに保管します。

・インストール先ディレクトリの内容が上書きされます。対象ドメインが間違えないかを再確認します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA