WordPress これだけは設定 変更は注意!

WordPressパーマリンク

記事を書き始める前にパーマリンクとカテゴリーは、設定したい項目です。

カテゴリー

カテゴリーとは

カテゴリーとは、記事が多くなると色々なジャンルが混ざってホームに表示され分かりずらくなるのを、記事一つ一つをカテゴリー分けすると

記事をカテゴリー毎に分類し、訪問者にも見やすくなります。

カテゴリー設定

カテゴリーを選択

ダッシュボードの投稿>カテゴリーを選択します。

WordPreseeカテゴリー選択

カテゴリー入力

カテゴリーを表示します。名前、スラングを入力し、「新規カテゴリを追加」をクリックします。

wordpressカテゴリー入力
カテゴリー完了

カテゴリー一覧に追加されて表示されます。

wordpressカテゴリー一覧

パーマリンク

パーマリンクとは

パーマリンクは、記事のURLの形式を決めます。

基本は、https://example/?p123となります。

「投稿固有ID」「日付+投稿名」「月+投稿名」「数字ベース」「投稿名」が選べ、カスタムで各自に定義も指定可能です。

SEOを意識するならば、記事の内容を表す投稿名がおすすめです。

パーマリンク設定

パーマリンク選択

ダッシュボードの設定>パーマネント設定を選択します。

WordPressパーマリンク設定選択
パーマネント設定

基本、日付と投稿名、月と投稿名、数字ベース、投稿名、カスタム構造を選択し「変更を保存」をクリックします。

WordPressパーマリンク設定入力

カスタム構造には、%post_id%(投稿の固有ID)/%category%(投稿のカテゴリー)/%author%(投稿の作成者)などがあります。

パーマリンクの変更は気を付ける!

パーマリンクは、記事のURLを決めます。途中から、変更するとURLが変わる可能性があります。URLが変わると

検索エンジンに登録されてたのが、新しいURLになりSEOが無くなってしまう。再度、SEOが上がるのを待つことになります。

ブックマークされても、リンク先が無くなり 404になる。しいては、訪問の機会がなくなる

  • リンク先がなくなる。
  • SEOが下がる。

パーマリンクの記事名は気を付ける!

パーマリンクに投稿名を指定した場合、記事のスラッグを書かないと、タイトルがURLに書かれます。

URLに日本語を含めると、日本語が読めない形式になり、SEOにもよろしくない。

日本が書かれない様に、スラッグを英数字で記事の内容を短く表現し、SEOに気に入ってもらいましょう。

  • 日本語は使用しない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA